おすすめ記事

【一口馬主】念願の一口馬主デビュー 東京サラブレットクラブ

夢の一口馬主デビュー

先日、東京サラブレットクラブ様にて入会の手続きを行い、2頭ほど出資し、無事に会員になることができました。

たとえ400口分割でも自分にとっては大きなお金を払っていますので、出資した馬は一生懸命応援していきたいですね!

(馬ってやっぱりお金かかる…(泣))

最初の大目標はまず未勝利戦1勝ですが、最終的には地元中京競馬場のG1(高松宮記念)に出走できるような馬に巡り合いたいと思っています。

まさにレッドファルクスみたいな馬と出会いたいです。

一口馬主は実際にどのくらいのお金がかかるのか

実際にクラブに入会してみて、一口馬主がどのくらいお金がかかるのかをざっくりと、まとめました。


クラブ入会費:20000円程度/初回のみ

クラブの入会費です。最初の一回だけ払います。


出資額:20000円~300000円/口

馬に出資するときにその馬の値段を総口数で割った金額を払います。

払うのは馬1頭に対して1回だけですが、値段に関してはピンキリです。


(例)サートゥルナーリア(キャロットクラブ400口分割)

募集価格:1億4000万円

一口価格:35万円 ←実際に払う一口当たりの出資額

(例)ザダル(キャロットクラブ400口分割)

募集価格:1600万円

一口価格:4万円 ←実際に払う一口当たりの出資額

ちなみにアーモンドアイは一口6万円だったそうです。


クラブ会員費:3000円/月

クラブの運営費用で馬1頭ごとではなく、1人当たりの値段なので馬を何頭出資していても月3000円ほど。


えさ代:1200円/月×出資口数 (400口分割の場合)

馬1頭に対して月額でかかる費用。

ものすごく簡単に言えば、1頭持っていたら1200円/月、2頭持っていたら、2400円/月ということになる。

これは月にかかる費用を出資口数で割っているので複数口持っていたり、40口分割のクラブだと値段はその分だけ上がります。


保険料:1500円程度/年

簡単に言えば馬の生命保険代です。

これも馬1頭ごとにかかりますが、月に直すと100円くらいなのであまり気にはなりません。


1口馬主で儲けるためには、アーモンドアイやジェンティルドンナをみつけるか、最悪でもオープンまでたどり着く馬と巡り合うことが必要になってくるため、よほどのことがないかぎりは儲かるものではありません。

(2勝クラスを勝ってやっとプラマイゼロになる程度。)

ただし、自分が出資した馬でレースを勝ちたいというような

競馬のロマンを追い求める人には最高の趣味だと思います。

レイデオロのようにクラブから日本ダービー勝ち馬のオーナーになれるかもしれません。

とても夢がありますね!!