京都新聞杯(G2) 2019 調教おすすめ馬 ベスト3をご紹介!!

シェアする

みなさま、おはようございます  杁山サキです

まず、昨日深夜テンションでアップした記事はどうか見ないでください(笑) よろしくお願いします

さて、京都新聞杯ですが、日本ダービーへの最後の切符をかけて争われます 夢への切符をつかみ取るのはどの馬か とても楽しみですね 個人的にはオールイズウェルかブレイキングドーンに勝ってほしいです

京都新聞杯の今回のメンツは青葉賞同様、メンバーレベルが低いと思います。スローペース濃厚なのでどの馬にも十分チャンスがあると思います 馬券を買う方からしたら難しすぎてお手上げですが(笑)

今回は人気薄からいきますが、私の重賞4週連続的中がかかっているので、何とか来てほしい
お願いします ということで、まずは調教checkから行きましょう 1位、2位、3位でご紹介します

結論から言うと、調教で特出してよかった馬はいませんでした。調教派にはきついレースとなりそうです。それでもなんとか調教でよかった馬を絞り出すことに成功しました

1位 2.ヴァンケドミンゴ
栗東CW 71.1 55.3 40.5 12.0
2頭併せで外から馬なりで並びかける調教。調教自体は弥生賞の方がよく見えましたが、あの時は少しかかり気味だったので、最終追い切りは軽い方がいいのかもしれないという仮説を立てました
これが吉と出るか凶と出るかわかりませんが、休み明け4戦目で疲労がなければ、馬券内に入る可能性は充分あると思います
前走は勝っていてもおかしくなかったレースをしていましたし、人気がないなら狙ってみたいです

2位 3.ロジャーバローズ
栗東坂路  55.4 40.0 26.1 12.7
坂路のラストで力強い伸びを披露しました 外厩を使って馬体は仕上がり良好だと思いますよ
レースがスローペース濃厚ときたら、先行できるこの馬はだいぶ有利だと思います
前回は外枠が響いての7着でしたが、枠、レース展開と好条件が揃えば、充分勝ち負けです

3位 4.ブレイキングドーン
栗東CW 82.0 65.5 51.2 38.3 12.1
動きはいつも通りなので、疲れもなく順調だと思います 今回はチークピーシーズをつけていたので、効果のほどはわかりませんが、調教の工夫がみられて好印象です。もともと素質のある馬ですし、馬具を変えて効果があれば突き抜ける可能性大だと思います

注意  11.トーセンスカイ
栗東芝 65.3 50.0 36.8 12.4
最終芝の追い切りはあまりよくはないですが、私がPOGで指名した馬なので、一応挙げておきます。素質馬だと思うので展開がハマれば突き抜ける可能性も。。。

~買い目~
複勝   2                    (1点)
3連複 2-1.3.4.7.11   (10点)

今の人気なら複勝で十分だと思います 荒れる可能性大なので(笑)
対抗が来れば3連複でさらに配当UP

そんな京都新聞杯は本日15時35分ごろ発走予定ですたのしみですね
明日はNHKマイルの予想もアップしますのでお楽しみに

ではでは