【宝塚記念 2019】調教おすすめ馬ベスト3+特注馬をご紹介!!

シェアする

調教check♫

1位 2.レイデオロ

最終追い切りタイム(美浦南W) 54.1 39.2 12.9

コースで2頭併せの馬なり調教で動きを確かめる程度でしたが、馬なりでも最後の伸びはシャープで状態はかなり良いと見ました!

馬体は外厩でバッチリ仕上げてあるので、状態面に関して不安要素はないです!

現時点で宝塚記念制覇に一番近いと考えていますが、馬場状態だけは不安です。

重い馬場はおそらく苦手なので、馬場状態次第では、評価を下げる必要があるかもしれません。


2位 12.リスグラシュー

最終追い切りタイム(栗東坂路) 54.3 39.4 25.4 12.1

2週続けての坂路併せ馬で、1週前にしっかり追い切って好タイム、最終追い切りはしまいの伸びを確認するという調教内容でした!

他の馬が多い時間帯に追い切り、本番を意識した調教内容には好感が持てます!

折り合いも坂路の伸びも抜群で間違いなく絶好調だと思います!!

あとはレーン騎手の手綱さばき次第です。

しっかり脚を溜めて爆発させれば、宝塚記念制覇も夢じゃない!


3位 3.エタリオウ

最終追い切りタイム(栗東坂路) 54.6 39.6 25.8 12.8

1週前追い切りでは、コースで7ハロンと長めに追い切り、力強い動きを披露しました。

最終追い切りは坂路2頭併せで、馬なり調教。

舌を出して走るなどリラックスしており精神面でとても良い状態だと思います!

阪神2200mは急坂を2回上るタフなコースで折り合いが重要になるので、

馬の精神面を考慮した調教内容は好感が持てます。


特注馬 9.クリンチャー

最終追い切りタイム(栗東坂路) 53.3 38.6 25.1 12.5

去年の凱旋門賞以来、頼りない成績が続いていますが、ここ最近では一番いい動きでした。 

この馬はレースを使うごとに、どんどん状態がよくなっているので、正直、いつ復活してもおかしくないと思います!

今回は相手も強いので、天候や展開の助けがないとかなり厳しそうですが、人気がないなら押さえておきたい1頭です。


今週の勝負印!!

◎ 2.レイデオロ

○ 12.リスグラシュー

▲ 3.エタリオウ

★ 9.クリンチャー

△ 1.キセキ

△ 4.アルアイン

△ 11.スワーブリチャード

注 8.ショウナンバッハ

宝塚記念は2019年6月23日(日) 15時40分発走予定ですのでお見逃しなく!!


最強競馬ブログランキングでは、たくさんの競馬予想家が自信の予想を披露していますよ!!

↓下のバナーからジャンプできますので、よかったら遊びに行ってみてください♫


最強競馬ブログランキングへ

Twitterにて、ブログ以外の事もいろいろつぶやいてますので、是非フォローよろしくお願いします!