東サラ日記

【一口馬主】カジノドライヴ産駒どちらに出資するか問題(東京サラブレットクラブ2019募集)

東サラのカジノドライヴ産駒

東サラといえばカジノドライヴ産駒という人もいるほど、とにかく回収率が高いです。

まず、牝馬のダート馬は活躍できない馬が多いです。

なぜなら現在のダート界は体の大きい牡馬が断然有利だからです。

そんな中でも牝馬限定戦や地方の交流重賞などの配備で回収率という面では優秀な成績を残すことも可能だと思います。

東サラで募集されたレッドアトゥやレッドアネラなどは牝馬のカジノドライヴ産駒で3勝クラスを突破しており回収率500%超えを達成している実績があります。

現在、東サラでは2頭のカジノドライヴ産駒の牝馬が募集されておりますが、どちらかは走るのでは?と思い、満を辞して出資しました。

今回は、その2頭について比較してどちらに出資するか考えたいと思います。


レッドシェリールの18 (ルージュミステール)

血統について

父カジノドライヴ 母父ゼンノロブロイ 

血統クロスはミスタープロスペクターの4×5 

今年は2頭とも父カジノドライヴ 母父ゼンノロブロイと血統面でかなり近いので比較はできません。

馬体について

馬体重は2頭とも460kg程度と双子かと思うくらいに比較対象がなくて困ります(笑)

違うのは馬体のつくりですかね?

こちらはどちらかというと華奢な体つきで芝でも行けそうなスピードタイプです。

繋ぎもこちらの方が寝ています。

カジノドライヴ産駒の芝成績は絶望的なので期待値は低いですが…

トモの筋肉はまだまだですが、前の方の筋肉はかなり立派なので、やはりダートで力を発揮できると思います。

3勝クラスに行けるか、未勝利のままかみたいなギャンブル性がある方が好きな方はこちらを選ぶのではないかなと思います。


レッドセイリングの18 (ルージュシャルマン)

血統について

父カジノドライヴ 母父ゼンノロブロイ 

血統クロスはミスタープロスペクターの4×5 

馬体について

こちらはどっしりとした馬体で完全にダート馬らしい体つきをしています。

繋ぎが立ち気味なのもダート馬らしくていいですね。

こちらは1勝クラスまでなら安定して成績を残せそうなタイプですね。

仕上がりも早そうなので2歳から活躍できそうです。

安定志向の方はこちらの方を選ぶのかなと思います。


結論

結論として私はレッドシェリール18(ルージュミステール)に出資しました。

どちらの馬が正解だったかとうかは1年後のお楽しみですね!

この馬の1年後を想像した際にキ甲が抜けた時の体のシルエットがとても良さそうなのでこちらを選びました!

出資された方がいらっしゃいましたらよろしくお願いします。

*本記事の画像や馬の詳細については東京サラブレットクラブ様の許可を得て掲載しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。