競馬

【きさらぎ賞2020】調教おすすめ馬ベスト3+特注馬をご紹介!

きさらぎ賞:京都芝 1800m 3歳 G3

サトノダイヤモンドがこのレースを勝利してクラシックに挑みました。

最近ではこのレース2着だったグローリーヴェイズがG1を制するなど、出世馬が多いレースですので見逃せません!

クラシックへ名乗りを上げる馬はどの馬か!?

調教check♫


1位 8.アルジャンナ

最終追い切りタイム(栗東坂路) 53.9 39.2 25.3 12.4

最終追い切りは坂路で2頭併せ。

楽な手ごたえで併せた馬を圧倒!

力強い踏み込みで坂路を駆け上がりました。

評判どおりの超素質馬だと思います。


2位 5.グランレイ

最終追い切りタイム(栗東坂路) 52.5 38.0 24.5 12.1

最終追い切りは坂路で単走強め。

豪快な伸びで迫力のある動きを披露しました。

この馬の完成形はまだまだ先だと思いますが前走からの上積みもかなりありそうです!

個人的にも、この馬には朝日杯でかなりお世話になったので頑張ってほしいです!


3位 4.ギベルティ

最終追い切りタイム(栗東坂路)  54.7 39.8 25.8 12.5

最終追い切りは坂路で2頭併せ。

馬なりですがフットワークの感じが軽くてとてもよかったです!

実績はないですが面白い1頭だと思います。


きさらぎ賞2月8(日) 15時35分発走予定ですのでお見逃しなく!!


買い目発表♫

レース当日の12:00までに公開。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。